結婚費用が足りないときはカードローンを利用する方法もある!

結婚費用が足りない!急いでいる時にブライダルローンって組めるの?

結婚したいほど、好きでたまらない相手がいるときは、早く一緒になりたいと思うものです。

 

しかし、ただ籍を入れるだけでなく、大勢の人を招待して挙式したり、海外にハネムーンに出かける場合は、かなりの出費が必要になります。

 

入籍後にマンションや一戸建て住宅を購入し、引っ越す予定があるなら、さらにたくさんのお金がかかるので、現在必死になってお金を貯めている方もあるでしょうね!

 

しかしまだ若くて、収入の少ない方では、なかなか思うようには貯められないので、結婚費用が足りないけれど、出来るだけ早く結婚したいという方は、カードローンを利用する方法もあります!

 

カードローンの使用用途は決まってるの?

カードローンの使用用途はフリーなので、結婚費用に使うことも出来ますし、一緒に暮らすときの生活資金にまわすのもOKなので、
出来るだけ金利の低いローン会社を選んで申し込むことが大切です。

 

低金利のローン会社といえば、銀行や信用金庫になりますが、大手の消費者金融の中にも借りやすいところはあるので、
申し込む前に複数社の金利を比較してから、決めた方が良いです。

 

申し込んですぐにお金が欲しい場合は、即日審査が可能な消費者金融がおすすめなので、
結婚費用が足りない時は利用する方法もあります。

 

一番金利の安くなるのは、無利息ローンサービスを展開しているプロミスを利用することです。
プロミスだったら無利息ローンも最短即日融資のサービスも揃っているので安心してキャッシングできます!
※無利息ローンの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス

[プロミス]
大手消費者金融の中でも最短即日融資や振込キャッシングなど
サービスが充実しているのがプロミスです。
プロミスだったら借入を内緒にしたい自動契約機設置台数もNo1です。
無利息ローンも振込キャシングも近くのATMでも利用できます!


プロミスレディース

[プロミスレディース]
女性の方にはプロミスレディースがあります!
借入も返済も便利なサービスのプロミスなら安心してお金を借りられる。

結婚費用の総額をローン活用せずに持ち出しを併用する!

結婚費用が足りない!急いでいる時にブライダルローンって組めるの?

結婚式は主役の新郎新婦にとっても、参加する出席者にとっても非常に幸せになれる瞬間です。
そのように誰にとってもハッピーな結婚式ですが、一つだけネックになることがあります。
それは結婚費用の負担が大きくなってしまうことです。

 

結婚費用の相場としては、250万円から300万円程度です。
この費用は、自分たちの持ち出しや両家の家族や親族などからの援助、あるいは出席者からのご祝儀で賄うことになります。

 

これらのお金で結婚式の費用を全て賄えることが出来れば良いのですが、必ずしも結婚費用の総額をカバー出来る訳ではありません。
費用が想定よりもオーバーしてしまった場合や、自己資金があまり準備出来なかった場合、あるいは親族などからの援助が期待出来ない場合など、資金が足りなくなる様々なケースが想定されます。

 

もし資金が足らなくなったら?

もし、資金が足りなくなった場合はブライダルローンを活用する手段もあります。
ブライダルローンを活用する際は、結婚費用の総額をローンで賄わずに、持ち出し分も併用することによって、金利負担を抑えることが重要です。
また、自己資金に多少余裕が有ったとしても、これからの結婚生活の為に資金を残しておきたい場合にも、
ブライダルローンを利用する方法もあります。

 

結婚費用の親の負担分は贈与税がかかる?不足分はローンを利用できるの

結婚費用が足りない!急いでいる時にブライダルローンって組めるの?

結婚費用の平均額は約450万円と言われています。
これは婚約から新婚旅行までの大よその金額であり、新生活の準備を含めると600万円近くに跳ね上がるとの試算もあります。

 

その内結婚式にかかる費用は約340万円です。
ご祝儀があるとはいえ、持ち出し分の方が多いのでかなりの出費であることに変わりはないですね。

 

親からの援助は贈与税がかかる?

結婚費用が足りない!急いでいる時にブライダルローンって組めるの?

当然新婚夫婦だけで全てまかなえるケースは少なく、特に結婚式を行う場合は親の負担が不可欠と言えます。
こちらも統計上では6〜8割程度が親からの援助を受けている結果となっています。
こうした援助に関しては贈与税がかかるものなのでしょうか。

 

答えはNOです!!
親からの結婚費用の援助金を新生活準備に関する購入費用に当てた場合は、
贈与税の課税対象になりません。

 

特に結婚式については、地域の慣習や親絡みの関係での招待もある等の事情から、
費用の分担をそれぞれが行うとも言え贈与税の対象とはされていないのです。
ただ新婚夫婦が援助金を預貯金に回した場合は、贈与税とみなされる可能性があります。

 

親の援助以外の方法は?

結婚費用が足りない!急いでいる時にブライダルローンって組めるの?

親の援助を受けてもなお新生活の資金や結婚式費用が不足する場合は、
金融機関でローンを組むことになるでしょう。

 

その場合、まずブライダルローンが利用できるかを検討してみましょう。
目的も結婚式費用だけでなく、新婚旅行費用までカバーしてくれるローンもあります。
フリーローンを組むより金利が低く設定されており、お得に利用することができるケースがあります。

 

 

結婚費用が足りないときに役立つフリーローンとブライダルローンの違いとは!

結婚費用が足りない!急いでいる時にブライダルローンって組めるの?

結婚費用が足りないときに役立つのがローンです。
よく使われるローンはフリーローンとブライダルローンですが、両者には目的の違いがあります。

 

前者は多目的に利用できる代わりに金利が高めに設定されています。
後者は結婚費用にしか使えませんが、金利は低めに設定されています。

 

どちらを選択するのも自由ですが、審査基準はブライダルローンの方が厳しいです。
フリーローンは金利が高いですが、早期完済すれば利息は減ります。
カードローンのようにカードで借入・返済することはできませんが、金利はカードローンやキャッシングよりも少し低いです。
低金利の多目的ローンを探している方にとっては、フリーローンを選ぶのがベストでしょう。

 

総量規制の対象になるの?

結婚費用が足りない!急いでいる時にブライダルローンって組めるの?

また、総量規制の有無においても違いがあります。
ノンバンク系のフリーローンは総量規制の対象となり、借入上限が年収の3分の1以内と決まっています。
これに対してブライダルローンは、借入先に関係なく総量規制の対象外となります。

 

高額を調達するためには、ブライダルローンの方が適している時がります。
結婚費用の借入をする方は、今後の結婚生活における生活費も考えておく必要があります。

 

お金を沢山借りることは、生活費を減らすことにつながります。
借入は必要最低限に抑えておくのが賢い借り方なのです。

 

結婚費用の支払いにはブライダルローンが便利なの?

結婚費用が足りない!急いでいる時にブライダルローンって組めるの?

一般的な結婚費用の相場は300万円程度となっております。
決して安くは無い金額ですので、計画性を持って結婚式を挙げる必要があります。

 

結婚費用は、自分たちの持ち出し以外にも、親族などからの援助、出席者のご祝儀などによって、賄うことになります。
しかし、必ずしも資金が足りる訳ではありませんし、式の当日までに結婚費用を支払う必要がある場合も多いです。

 

そのような場合はご祝儀を支払いに充てることが出来ませんので、資金が大幅に足らなくなってしまいます。
もし、資金が足りない場合はローンを利用することが必要となって来ます。

 

金利はどうなの?

結婚費用が足りない!急いでいる時にブライダルローンって組めるの?

借入を利用する場合は、出来るだけブライダルローンを活用するようにしたいです。

 

消費者金融の資金使途が自由な借入を利用する選択肢もありますが、
ブライダルローンの方が金利が低く設定されておりますので、負担を抑えて利用することが可能です。

 

また、たとえブライダルローンを利用したとしても、ご祝儀を受け取ることによって、後日すぐに返済することが出来ます。

 

ご祝儀の相場は200万円程度ですので、自己資金や家族などからの援助を含めると、多くの場合で一括返済することが可能です。

 

借入を利用して結婚式を挙げた方の体験談を参考にしても、結婚式後すぐに返済を行えば、殆ど利息を負担なしで融資を受けられることが分かります。

 

一番金利の安くなるのは、無利息ローンサービスを展開しているプロミスを利用することです。
プロミスだったら無利息ローンも最短即日融資のサービスも揃っているので安心してキャッシングできます!
※無利息ローンの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミス

[プロミス]
大手消費者金融の中でも最短即日融資や振込キャッシングなど
サービスが充実しているのがプロミスです。
プロミスだったら借入を内緒にしたい自動契約機設置台数もNo1です。
無利息ローンも振込キャシングも近くのATMでも利用できます!


プロミスレディース

[プロミスレディース]
女性の方にはプロミスレディースがあります!
借入も返済も便利なサービスのプロミスなら安心してお金を借りられる。

 

結婚費用が足りない!急いでいる時にブライダルローンって組めるの?の関連情報